実はよく知らない!?発達障害の基礎知識

発達障害とは何か?発達障害の種類

「発達障害」という言葉はほんとんどの方が耳にしたことがあると思います。2005年に発達障害者支援法が施行、2007年に特別支援教育が本格実施されたことにより、発達障害という言葉に触れる機会は増えてきました。また、書籍においても発達障害を持つ方たちの経験を書き綴ったものが多く出版されていて、世間にも浸透してきていると思います。

ただ、この言葉を正しく認識している方はまだまだ多いとは言えない現状です。発達障害と聞くと、「ちょっと変わった子」「すぐに切れる子」などの印象を持っている方は多いと思います。また、そのような行動になるのは両親の育て方に問題があると考えている方を一定いるのではないでしょうか。発達障害は親の育て方でなるものではなく、脳機能の障害です。原因については諸説あり、どれもまだ根拠が十分でない印象があります。

発達障害を一言で表すと、「発達期において診断される、発達の全般的な遅れや部分的な遅れ、偏りによる障害」となります。

アメリカの精神医学会の診断基準「DSM-5」において、発達障害には、自閉症スペクトラム(自閉症、アスペルガー症候群、高機能自閉症)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)という分類がされております。

ただ、これらの診断名についてはあくまで行政や、研究者のために便宜的につくられた定義や分類となります。したがって、発達障害の診断名そのものが、必ずしも目の前の子どもには当てはまらないです。程度の差はありますが、複数の障害を併発することが多くあります。

発達障害の分類
発達障害の分類

自閉症スペクトラムの特徴

スペクトラムとは連続体という意味で、虹の色など区切るのが難しく、どこからが「あり」で、どこからが「なし」というデジタルな判断がしづらいものを指します。つまり、自閉症スペクトラムも、「これができないから」や「このレベルまでできないから」と言って一律診断されるものではありません。

自閉症スペクトラムについては、「持続する相互的な社会的コミュニケーションや対人的相互反応の障害、および限定された反復的な行動・興味、または活動の様式で、これらの症状は幼児期早期から認められ、日々の活動を制限するか障害する」とされています。

俗に言う「空気が読めない」や「こだわりが強い」、「暗黙の了解が苦手」というのは自閉症スペクトラムの特徴になります。また、感覚・知覚過敏もその一つとなります。たとえば、体を触られたくないので抱っこが嫌な子や、砂遊びが嫌いな子、味覚が鋭くて偏食が激しかったり、聴覚が過敏で大人が気にならない音を嫌がる子もいます。

一方で、幼児期から数字の暗記、パズルやブロック遊びが得意であるなどの特徴もあります。理数系のような、答えがはっきりと出る類の教科は得意とする傾向にあります。

自閉症スペクトラムは以前は広汎性発達障害と言われておりました。そのなかには、自閉症、アスペルガー症候群、高機能自閉症を含みます。

注意欠陥多動性障害(ADHD)の特徴

特徴は「不注意・衝動性・多動性」が見られ、行動面に困難さを抱えている点です。「落ち着きがない」「集中の持続ができない」「気が散りやすい」「忘れ物が多い」「すぐかっとなる」が主な症状です。これだけ見ると、誰にでも当てはまりそうな気がします。忘れ物をしないひとはいませんし、かっとして喧嘩をする子も多いと思います。

ここで大事なことは、それらの困難さが発達の程度と比較して水準的なものであるのかという点と、社会生活を送るのに弊害があるかという点です。つまり、4歳の子なりの不注意であるのか、10歳の子なりの行動なのか、ということです。また、これらの困難さが学校や家庭といった2場面以上で観察されないと診断基準に満たしません。

また、ADHDに限らず発達障害は、他の症状を併発する場合が多いです。ADHDの約80%は学習障害(LD)を重複していると言われています。したがって、行動面のみ配慮するのではなく、学習面での支援も重要になってきます。

子どもたちが授業を受けている場面

学習障害(LD)の特徴

LDは知能には問題ないが、聞く・読む・話す・書く・計算する・推論するという特定の能力が著しく困難な状態を指します。これらの能力すべてが困難な場合は知的障害の範疇になりますが、LDは能力の部分的な遅れや困難さを特徴としています。

言葉を使って会話することはできるが、本を読んで文字から意味を理解することができない。文章を文字、会話から理解することができるし、話すこともできるが、簡単な計算ができない。という状態です。

LDの原因としては、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されており、環境的な要因が直接の原因になるものではないとされています。

このような特徴を持つ子どもは、「やればできるのにやらないだけ」と見なされてしまうケースもあります。したがって、「なんでやらないだ」と叱られることも多くなり、自己肯定感を養われる機会を逸していきます。それは将来的には、うつ病などの二次障害を招くことになります。つまり、その子の学力や特性、得意不得意をきちんと把握して、適切な支援をすることが大切になってきます。